労働基準監督署・年金事務所対策

労働基準監督署・年金事務所対策調査には労働基準監督署からの調査と年金事務所からの調査があります。

労働基準監督署の調査には定期的に行われるもの、労働者からの申告、労災の事故原因・再発防止の為のものなどがあります。

年金事務所の調査は、健康保険・厚生年金の適用が適切に行われているかを調査します。例えば、算定基礎届で届出した報酬額が賃金台帳と一致しているか、加入すべき労働者が加入しているか、などについて、社会保険の加入事業所に対して行います。

 

労働基準監督署による調査が行われた結果、労働基準法等の違反があった場合には、改善するように勧告され、是正勧告書が交付されます。

是正勧告書には、違反項目と是正期日が記載されており、指定された期日までに、違反項目を是正して、労働基準監督署へ是正状況を報告することになります。

当事務所では、是正勧告内容の対応策のご支援、是正報告書の作成等を行います。

また、是正勧告をきっかけとして、労務管理の見直しのアドバイスを行います。

『安心の個人情報管理』Pマーク取得の社労士事務所

プライバシーマーク取得の社労士事務所は相模原の中山経営労務管理事務所
中山経営労務管理事務所は、2021年2月22日付けで「プライバシーマーク(Pマーク)」認定を取得いたしました。

Pマークを取得している社労士事務所は神奈川県内有数、相模原市においては、中山経営労務管理事務所だけです。

当事務所は法律への適合性はもちろんのこと、より高水準の保護レベルの個人情報保護マネジメントシステムを確立して運用しています。

厳格な個人情報管理を必要としている中堅企業、大規模企業にも対応可能な体制を整えております。