令和3年度の雇用保険料率について

1.令和3年度の雇用保険料率について

令和3年度の雇用保険料率について令和3年2月12日の官報に、「労働保険の保険料の徴収等に関する法律の規定に基づき雇用保険利率を変更する件(令和3年厚生労働省告示第40号)」が公布され、令和3年度の雇用保険料率が決定しました。
令和3年度の雇用保険料率は、令和2年度と同率とされました。
一般の事業では、労働者負担分が1,000分の3、事業主負担分が1,000分の6、建設の事業では労働者負担分が1,000の4、事業主負担分が1,0008となります。

事業の種類

負担者

一般の事業農林水産

清酒製造の事業

建設の事業
①労働者負担3/1,0004/1,0004/1,000
失業等給付1/1,0002/1,0002/1,000
育児休業給付2/1,0002/1,0002/1,000
②事業主負担6/1,0007/1,0008/1,000
失業等給付1/1,0002/1,0002/1,000
育児休業給付2/1,0002/1,0002/1,000
二事業3/1,0003/1,0004/1,000
雇用保険率(①+②)9/1,00011/1,00012/1,000

“雇用保険料率について”.厚生労働省

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000108634.html

『安心の個人情報管理』Pマーク取得の社労士事務所

Pマーク取得の社労士中山経営労務管理事務所
中山経営労務管理事務所は、2021年2月22日付けで「プライバシーマーク(Pマーク)」認定を取得いたしました。

Pマークを取得している社労士事務所は神奈川県内有数、相模原市においては、中山経営労務管理事務所だけです。

当事務所は法律への適合性はもちろんのこと、より高水準の保護レベルの個人情報保護マネジメントシステムを確立して運用しています。

厳格な個人情報管理を必要としている中堅企業、大規模企業にも対応可能な体制を整えております。