令和4年度地域別最低賃金額の改定について

1.令和4年度地域別最低賃金額の改定について

令和4年度地域別最低賃金額の改定について地方最低賃金審議会が答申した令和4年度の地域別最低賃金の改定額が令和4年8月23日に公表されました。

47都道府県で30円~33円の引き上げとなり、全国加重平均額31円の引き上げは、昭和53年度に目安制度が始まって以降で最高額となっています。

 

2.神奈川県と東京都の答申された改定額

令和3年度 令和3年度 引き上げ額 発行予定年月日
神奈川県 1,040円 1,071円 +31円 2022年10月1日
東京都 1,041円 1,072円 +31円 2022年10月1日

 

3.まとめ

答申された改定額は、都道府県労働局での関係労使からの異議申出に関する手続きを経た上で、都道府県労働局長の決定により10月1日から10月上旬までの間に順次発行される予定となっています。

詳しくは厚生労働省のホームページをご確認ください。

 

“令和4年度最低賃金額答申”.厚生労働省

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_27516.html

 

『安心の個人情報管理』Pマーク取得の社労士事務所

プライバシーマーク取得の社労士事務所は相模原の中山経営労務管理事務所
中山経営労務管理事務所は、2021年2月22日付けで「プライバシーマーク(Pマーク)」認定を取得いたしました。

Pマークを取得している社労士事務所は神奈川県内有数、相模原市においては、中山経営労務管理事務所だけです。

当事務所は法律への適合性はもちろんのこと、より高水準の保護レベルの個人情報保護マネジメントシステムを確立して運用しています。

厳格な個人情報管理を必要としている中堅企業、大規模企業にも対応可能な体制を整えております。