1.令和4年度の雇用保険料率について

令和4年度の雇用保険料率について  令和4年3月30日に「雇用保険法等の一部を改正する法律案」が成立し、令和4年度の雇用保険料率が決定しました。

令和4年度の雇用保険料率は段階的に引き上げられるため、令和4月~9月までと、令和10月~令和5年3月までとで保険料率が異なるため注意が必要です。

令和4年4月~9月までは、事業主負担の保険料率が変更となり、一般の事業では、労働者負担分が1,000分の3、事業主負担分が1,000分の6.5、建設の事業では、労働者負担分が1,000の4、事業主負担分が1,000分の8.5となります。

令和4年10月~令和5年3月までは、労働者負担・事業主負担ともに保険料率が変更となり、一般の事業では、労働者負担分が1,000分の5、事業主負担分が1,000分の8.5、建設の事業では、労働者負担分が1,000分の6、事業主負担分が1,000分の10.5となります。

〇令和4年4月~9月

事業の種類

負担者

一般の事業 農林水産

清酒製造の事業

建設の事業
① 労働者負担 3/1,000 4/1,000 4/1,000
② 事業主負担 6.5/1,000 7.5/1,000 8.5/1,000
失業等給付

育児休業給付

3/1,000 4/1,000 4/1,000
二事業 3.5/1,000 3.5/1,000 4.5/1,000
雇用保険率(①+②) 9.5/1,000 11.5/1,000 12.5/1,000

〇令和4年10月~令和5年3月

事業の種類

負担者

一般の事業 農林水産

清酒製造の事業

建設の事業
① 労働者負担 5/1,000 6/1,000 6/1,000
② 事業主負担 8.5/1,000 9.5/1,000 10.5/1,000
失業等給付

育児休業給付

5/1,000 6/1,000 6/1,000
二事業 3.5/1,000 3.5/1,000 4.5/1,000
雇用保険率(①+②) 13.5/1,000 15.5/1,000 16.5/1,000

 

“令和4年度雇用保険料率のご案内”.厚生労働省

https://www.mhlw.go.jp/content/000921550.pdf